日本フィルハーモニー交響楽団 第704回東京定期演奏会

 ピエタリ・インキネンと日本フィルが、シューベルト交響曲第5番ブルックナー交響曲第9番とで、今シーズンの仕事をスタートさせた。これがとても佳かった。
 シューベルトNr.5にしろブルックナーNr.9にしろ、ひとつひとつの「緊張と緩和」にきちっと筋を通すから、あちこちに仕込まれた「肩すかし」も利いてくる。また "筋の通し方" もすばらしい。緊張感の変わりゆく様子を、力感の変化(弓づかいや息づかいの力動)とレジスターの変化(管楽器の重ね方と、ティンパニを含むバス声部の出し入れ)とで縁取っていく。
 そうするとブルックナーでも、物量作戦というか絨毯爆撃というか、そういう音量競争みたいなことにはならずに、音楽の迫力、緊張感の落差を表現できる。これができれば立派なもので、このコンビが良い方向に歩みを進めているのが分かった。
 あとはコンスタントにこういう結果を出していければ、ファンがもっと増えるはず。要はセリング(売りつけ方)でなくクオリティである。(2018年10月12日 [金] 於サントリーホール



.