"名探偵" モーツァルトのミゼレーレ伝説

 モーツァルトは1770年4月11日、ローマにいた。前年の12月、父親とともにイタリアへの楽旅に出発。ヴェローナ、ミラノ、フィレンツェを経て春先、“永遠の都”にたどりついた。この地のシスティーナ礼拝堂モーツァルトは、アレグリの合唱曲「ミゼレーレ」を聴いた。アレグリは17世紀、この礼拝堂で活躍した歌手で作曲家。この作品は年に3日、ここでしか聴けない秘曲だ。当時、「ミゼレーレ」の楽譜の持ち出しは固く禁じられていた。14歳のモーツァルトは、この曲をいちど耳にしただけでおぼえ、宿で楽譜に書き起こした。後日、それも持って礼拝堂を再び訪れ、秘曲の再演時に楽譜の誤りを確かめ、宿でそれを修正したという。
 父親がローマから送った手紙と、姉ナンネルの回想とに記録されたこの話は、モーツァルトの神童ぶりを伝えるエピソードとして有名だ。多少の脚色はあるかもしれないが、おおむね事実と見てよい。このエピソードによって我々は、モーツァルトの才能の豊かさを再確認する。重なり合う声をすべて腑分けして、克明に聴き取る能力(聴音能力)、それをいちど聴いただけで完全に記憶しておく能力(音楽的記憶力)に驚かされる。しかし、この理解には少し足りないところがある。聴音能力の実態と、楽曲再構成能力のありようとに、モーツァルトの真の天才性は発揮されている。
 アレグリの「ミゼレレ」は、単旋律のグレゴリオ聖歌を挟みながら、4声の合唱と5声の合唱とが歌い交わし、最終的に9声の合唱へとまとまる構成をとる。モーツァルトはそれをすべて克明に1音1音、細大漏らさず聴き取ったというよりも、1を聴いて10を知るように音楽を把握したはずだ。最初の主和音で調が決まり、次の和音で主和音とその和音との関係が決まる。こうした関係の連続が曲を作る。だから、4声なり5声なりのまとまりとしての和音が聴こえれば、その構成音や音の配置は推し量ることができる。
 さらに、こうして聴き取った各部分を、ひとつの作品として脳内に再構成する能力にすぐれる。アレグリはこの作品を、ルネサンスのスタイルで書いた。スタイルにはそれぞれ、そのスタイル特有の定型の束がある。モーツァルトルネサンス・スタイルの定型の束の中から、「ミゼレーレ」の各場面にふさわしい選択肢を選び、聴き取った細部をその選択肢に基づいて結びつけていく。
 つまりモーツァルトは、全体を大きく把握することで、細部をほぼ正しく推測する能力があったということだ。「ほぼ」とするのは、ある場面にいくつかある可能性のうち、アレグリとは違う選択をモーツァルトがすることがあるから。エピソードにある“誤りの修正”とは、こうした事態の訂正を指している。
 克明に聴くのではなく、推し量りつつ聴く。その推量がかぎりなく実態に近い。これがこのエピソードにみる、モーツァルトの天才性の芯だ。その“名探偵”ぶりは今も、色あせない。
 
【CD】アレグリ《ミゼレーレ》◇ ケンブリッジ・キングス・カレッジ合唱団


初出:モーストリー・クラシック 2018年8月号

 

.