音盤比較《ブランデンブルク協奏曲》



 バッハのオーケストラ曲集として《管弦楽組曲》と並び称される《ブランデンブルク協奏曲》。原題は「種々の楽器のための6つの協奏曲」。献呈先の貴族の所領にちなんで後世「ブランデンブルク」の名を冠した。曲集がまとめられたのは、バッハが宮廷楽長を務めたケーテン期にあたる1721年。ただし6曲の成立時期はまちまちで、ヴァイマル期からケーテン期に書かれたものまでがひとつに束ねられている。原題の通り、使われる楽器や作品のスタイルは曲によりまちまち。こうした多様なありかたが、この曲集の価値を高めている。
 ここではバッハにつきものの2つの演奏潮流 ― 現代奏法古楽奏法とで比較を行う。前者の代表はカール・リヒター指揮のミュンヘン・バッハ管弦楽団。後者の代表はレオンハルトが指揮をし、ブリュッヘンビルスマらが参加したオーケストラだ。
 まず、音楽の鳴り響かせ方の理想が、両者で大きく違っている。リヒターは弦にも管にも、トコロテンを押し出したような均質な音を要求する。音域の高低による音色差もなるべく均す。いっぽうレオンハルトは、弦には弓の上げ下げの力動性の違いを、管には息の吹き込みの勢いの変化を求める。また音域による音色差もはっきりと打ち出す。
 たとえば第6番の第3楽章。この楽章は長短のリズムが特徴的な舞曲ジグに基づいている。リヒターはこの楽章でも均質な弓運びを目指すので、その代償としてジグのリズムもまた均される。レオンハルトは弓の上げ下げの力動性と、ジグの長短リズムとを紐づけて、舞曲らしい推進力を実現する。リヒターの方が速度が速いのは、スポイルされた舞曲の推進力を速度で補うため。それもひとつの方策だ。
 第1楽章には楽器の違いがはっきりと音として表れている。リヒターが使う現代楽器のホルンは、現代管弦楽の響きの美しさの枠内で役割を果たそうとする。レオンハルトが用いるナチュラル・ホルンは、他の楽器とは違う異質な音響世界を打ち立てる。
 協奏曲では独奏群と総奏群との強弱対比が曲の肝だが、それを文字通り音量の輝度差で表現しようとするのがリヒター。いっぽうレオンハルトはそれを、メディアの交代、つまりオルガンの音色栓(レジスター)の変化のように捉えている。
 こうした特徴は第5番の第1楽章で改めて確認することができる。リヒターレオンハルトも同曲ではチェンバロを弾く。ふたりはそれぞれ、推進力の点では速度を重視力動性を重視、強弱の点では音量の輝度差を重視レジスター交代を重視チェンバロ演奏の点では均質なレガート奏法を重視減衰の速さを力動性として利用する奏法を重視している。
 リヒターの演奏は1970年、レオンハルトの演奏は1976年から77年にかけて。同時代にこれだけ違いの際立った「ブランデンブルク」が出来した。両者の存在を同時にゆるす懐の深さこそ、この曲集が名曲であることを証ししている。


【CD】
▼リヒター指揮, ミュンヘン・バッハ管弦楽団
▼レオンハルト指揮, ブリュッヘン, クイケン兄弟, ビルスマほか


初出:モーストリー・クラシック 2014年5月号




.